脱毛エステの体験日記

紫外線と肌への影響

空が雲に覆われていても、冬でも紫外線は地表に到達しており、肌への作用は世界でも問題視されています。オゾン層の問題はオーストラリアなどで特に注目されており、問題が進んでいます。肌に届く紫外線の影響は、ますます無視できないものになりました。肌にシミがたくさん出来たり皮膚ガンが年々増加していることが社会問題にもなっています。日本では昔から、日焼けをすることは健康的といったイメージがあります。特に子供は外で遊び、小麦色の肌は健康の象徴だと思われていました。けれども、近年では紫外線が肌に及ぼす作用は無視できないものになりつつあり、できれば日焼けはしない方が健康にいいとまで言われています。様々なグッズで紫外線をカットし、肌を守っているという人もいるようです。成長期の子どもは、カルシウムを体内で多く作り出すためには適度に日にあたることが好ましいものとされています。カルシウムの生成を妨げない程度に、かといって紫外線の作用で肌を痛めてしまわないように、十分に気をつけなければならないでしょう。特に紫外線の強い季節は、できるだけ日焼け止めなどを塗って、適切な日焼けを心がけることが大切です。紫外線は肌にとっていいことはないという考え方で、大人は対応した方がよさそうです。