脱毛エステの体験日記

脂肪を分解する仕組み

脂肪を分解する仕組みについてです。体脂肪とはどのように分解され、合成されているのかを理解にすることによって、脂肪の増減を調節するためにすべきことがわかるでしょう。脂肪は、余計なもののように思われがちですが、過剰についた皮下脂肪や内臓脂肪のことです。食べ物に存在しているブドウ糖と脂肪酸が脂肪細胞になっているものが脂肪となります。生きていくためには必要不可欠な栄養素であり、脂肪細胞として体内に蓄積されています。何らかの理由でエネルギー供給が追いつかなくなった時、蓄積していた脂肪を分解してエネルギーとして使うためのものです。体内に脂肪を蓄積しておき、外部から送られてくるカロリーの量に応じて余ったら合成し、足りなければ分解をしています。体を動かしてエネルギーを使うことで、脂肪の分解を促進することができるといいます。摂取カロリー以上のエネルギーが必要になると、脂肪を分解して作ったグリセロールと脂肪酸の一部分が代謝され、エネルギーとなります。脂肪の分解活動が活発になると、体の中に貯蔵される脂肪の量は減ってきます。体脂肪は、脂肪が分解されず合成されることが多ければ、増加するでしょう。スポーツやエクササイズを行うことでカロリーの消費量を増やし、蓄積されている脂肪をより多く分解させることができるといいます。